fbのページをLikeできる!

クジラページ

よろしくお願いします!

ーエリカ

11月26日の更新:
多くの人に見てもらうために、私達ね大きいポスト一枚をプリントして、出来れば、同志社の食堂前の掲示板でポスターを掛ける予定です(1)。小さいポスター5枚ぐらい他の所(例えば、キャンパスの回り、KCJSで)をポストすることにしました(2)。最後に、上にあるFacebookページを熱心に宣伝しています(3)。

情報の源泉
http://seach.japantimes.co.jp/cgi-bin/nn20100904x2.html
http://www.bellaonline.com/articles/art41862.asp
http://www.seashepherd.org/whales/japan.html
http://en.wikipedia.org/wiki/Whaling_in_Japan#History
http://hubpages.com/hub/9-Interesting-Facts-about-Dolphins-and-Dolphin-Intelligence
http://www.takepart.com/thecove

最後のポスターが付いています。

Advertisements
Posted in Uncategorized | 2 Comments

完成した作品

これは書き直しです。本物のポスターを作ると情報源も書きます。

完成したポスターはこんな風に:

1。2008年に、クジラ肉90万キロが売り出された。(1995年と比べて、65%増えた)
2。クジラの肉の水銀濃度は危険だ。安全な濃度の五千倍だ。
3。クジラ肉はあまり売れていないのにのに、水産庁はクジラ肉を売ろうとした。
現在 453万キロのクジラ肉が残っている。クジラ肉の実勢価格はどんどん下がってきた。今、鶏肉の値段とほとんど同じだ。
ー捕鯨する人は、水銀の毒薬を気にしないで、小中学校の給食、犬のエサ、肥料としてクジラを売り出す。(2009年、日本の中学校の18%で、子供はクジラ肉を食べされた。)

4。水産庁の捕鯨の理由:
1。調査捕鯨のため。:2007年に始まった。来年、研究のためにJARPAIIはザトウクジラ50頭、ナガスクジラ50頭、ミンククジラ935頭をころす予定だ。
2。伝統的の文化を助けるため。

5。水産庁は国際捕鯨委員会に対して、捕鯨を違法にしないで許すように訴えている。
戦え!このことを許すな!

解決策:
研究捕鯨について:
1。致命的方法を使わないで、研究をする <3

伝統的な文化について:
1。クジラ神社を建てる。
2。伝統的な捕鯨の文化と歴史の本を読む
3。クジラ祭り、象徴的な捕鯨をする(例:長崎で張りぼてを使う<3)

あなたが出来ること!
1。水銀の毒薬から、自分のことを守ろう!クジラ肉を食べるな!
2。私達のfbグループに参加して、友達にこの情報を教えてあげよう。
[ クジラを助けよう! Save The Whales! ] を探して下さい!
3。あなたはクジラとイルカを守ることが出来る!参加するために、www.takepart.com/thecoveをみよう。
4。日本の役人にこの問題に関してメールを送ろう。

 

Posted in Uncategorized | 6 Comments

下書きの書き直し

Posted in Uncategorized | Leave a comment

すみません。待たせてしまいました。これは、ポスターのマンガです。まだ、ちょっと中途半端なんですが、後で練り直します。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

クジラを助けよう!ポスターの下書き(1回直した)

ポスターは:
上の半分:クジラの立場の漫画 (ちょっと待って下さい!)
下の半分:クジラにについて情報

1。2008年に、クジラ肉90万キロが売り出された。(1995年と比べて、65%増えた)
2。クジラの肉の水銀濃度は危険だ。安全な濃度の五千倍だ。
3。クジラ肉はあまり売れていないのにのに、水産庁はクジラ肉を売ろうとした。
現在 453万キロのクジラ肉が残っていた。クジラ肉の実勢価格はどんどん下がってきた。今、鶏肉の値段とほとんど同じだ。
ー捕鯨する人は、水銀の毒薬を気が使わないで、小中学校の給食、犬のエサ、肥料としてクジラを売り出す。(2009年、日本の中学校は18%で、子供はクジラ肉を食べされた。)

4。水産庁の捕鯨の理由:
1。調査捕鯨のため。:2007年に始まった。来年、研究のためにJARPAIIはザトウクジラ50頭、ナガスクジラ50頭、ミンククジラ935頭をころす予定だ。
2。伝統的の文化を助けるためだ。

5。水産庁は国際捕鯨委員会に対して、捕鯨を違法にしないで許すように訴えている。
戦え!このことを許すな!

解決策:
研究捕鯨について:
1。致命的方法を使わないで、研究をする <3

伝統的な文化について:
1。クジラ神社を建てる。
2。伝統的な捕鯨の文化と歴史の本を読む
3。クジラ祭り、象徴的な捕鯨をする(例:長崎で張りぼてを使う<3)

あなたが出来ること!
1。銀の毒薬から、自分のことを守ろう!クジラ肉を食べるな!
2。私達のfbグループに参加して、友達にこの情報を教えてあげよう。
[ クジラを助けよう! Save The Whales! ] を探して下さい!
3。あなたはクジラとイルカを守ることが出来る!参加するために、www.takepart.com/thecoveをみよう。
4。日本の役人にこの問題に関してメールを送ろう。

Posted in Uncategorized | 3 Comments

今,私とベレンジヤさんはポスターを着くて居ます。^ー^

最近、捕鯨ばかりでなく、工業の肉の問題と色々な生態系について問題を考えています。。今から全部肉を食べないことにしました。。

この可愛い生物耐用性を守るための漫画を見つけられました。良かったら、見てください!

http://www.cbd.int/cop/cop-10/doc/cop10-comic-strip-biodiversity-jp.pdf

10月23日にCOP10で、「Oceans Day at Nagoya」ことになりました。そこで、捕鯨、乱獲、海を守ることについて考えてみるつもりです!

エリカ

Posted in Uncategorized | Leave a comment

しゃかかプロジェクト 作品のアウトライン 直す

しゃかかプロジェクト 作品のアウトライン
グループメンバーRachel Verrengia, Erika Hsu
① 作品のテーマ(取り上げる社会問題)
作品のテーマは捕鯨問題です。
② 作品を通して伝えたいメッセージ
作品を通して、捕鯨が問題になってきたというメッセージが伝えたいです。特に、捕鯨が非人道的で必要じゃない習慣だということを強調したいんです。
③ メッセージを伝える方法と、その方法を選んだ理由
・ 方法
まず、狩られているクジラの状況を説明するマンガを作るつもりです。それに、ポスターに簡単な情報や統計を加えます。
・ その方法を選んだ理由
マンガの方法を選んだ理由と言うのは、マンガが読みやすくて、人目を引いて、子供でもわかるものだからです。
④ 作品の独創性(どくそうせい)/オリジナリティー(みなさんの作品は、みなさんにしかできないものですか。どんなところがオリジナルですか。)
漫画の中に、クジラの意見とかクジラの見方を説明するつもりだから、オリジナルだと思います。それに、捕鯨の歴史のレッスンも含んだったら、人は多分怒られないかもしれません。
⑤ 取り上げる社会問題を解決するための方法
・ みなさんにしかできないこと(日本語を使ってできること)
皆はクジラ肉を食べるのをやめれます。それに、皆はほかと人と捕鯨問題について話してくれて、知ることを広めてくれるかもしれません。
皆さんはクジラを食べないことができます。多くの日本人と話しました。日本人の中に、クジラを食べたことがない日本人が多かった。それから、特に高いクジラレストランに行く人にポスターを見せてほしいです。
・ 国や国連(こくれん、United Nations)など、大きいグループにしかできないこと
厳しく捕鯨する人を罰する。もう、捕鯨禁止がありますが、研究の捕鯨を続けています。
⑥ 作品の構成(こうせい、organization)やアイデア
ポスターは半分漫画と半分大事な情報。漫画は絵のパネル六つがあるはずだと思います。最初の二つは小さい昔の歴史について書いてあります。例えば、前に、何十人もクジラ一同を食べられました。何も捨てないで、生けるために、クジラを殺しました。
次のパネルの中に、現在に生けるために、色々な食べ物を食べられます。クジラの立場から、捕鯨する人の酷さについて書いてあります。なぜかと言うと、クジラの立場を使えば、強い印象を残っているはずかもしれません。
下の半分、情報を書いてあります。少ないクジラの数とか捕鯨消費とかクジラの残酷など、色々な情報を集めて、書くつもりです。

子供の分かりやすいものは漫画のところです。分かりやすい統計の情報は大学生と大人方のための情報です。漫画の言語と文法はとても簡単にするつもりです。
この問題を分かるために統計が必要と思うから、統計を加えなす。
私たちは1枚かに枚だけを作ることにしました。その以外に、インタネットでポスターをアップロードをすることにしました。

Posted in Uncategorized | Leave a comment